第七詩社が主・共催するイベント


HOMEへ  

 
2019/07/21 いったん募集を締め切りました。
       
たくさんのご応募をありがとうございました!


 
仙元 浩平の新作8mmフィルム映画のメインキャストを募集します
 
未経験のかたも大歓迎です。ふるってご応募ください。

【タイトル】
 
「そしてまた宇宙船に乗る彼等は」

【物語】
 
ハル、ナツ、フユの大学生3人は、ナツの実家で夏季休暇を過ごしている。ナツの旧友のアキも合流する。
 彼等4人と交流するのは、2人の少女とナツの母である。いつまでも続きそうな山と海の夏だった。
 しかし危機が訪れる。それは彼等が太刀打ちできない「儚さ」の予兆である。
 それに独り挑むハル。ハルは友人3人の危機を引き受ける。
 3人はハルの行動が理解できない。しかしやがて4人は、また思いを共にする。
 儚さの彼方をめざす宇宙船に乗って−−−−。
 「青春の儚さと、それゆえの光輝を限りない愛おしみと慈しみをもって描きたい」
 というのが、この作品の意図です。

【募集キャスト(カッコ内は見た目の年齢です)】
 
・ハル、ナツ、アキ、フユ:いずれも男性(20歳)
 ・ナツの母:女性(40〜50歳)
 ・少女たち2人(本作品のヒロインです):いずれも女性(20歳)

【撮影日程】
 
お盆明けから9月下旬までの土・日曜日、祝日
 (役によって撮影日・日数は異なります)

【撮影場所】
 
東京都内、千葉県

【報酬等】
 
1日の撮影あたり3,000円をお支払いします(少なくて申し訳ございません)。
 ほかに交通費と食事をお出しします。

【その他】
 
フィルム撮影が初めてのかたはもちろん、演技未経験のかたの参加も歓迎します。
 危険な撮影(露出を含めて)はございませんのでご安心ください。

 ご興味をおもちのかたは、
 bosyu2019@dai7.org
 まで、お写真と簡単なプロフィールをお送りください。

 
たくさんのかたのご応募をお待ちしております。

【監督・スタッフのプロフィール】
 
監督:仙元浩平。ニューヨーク大学映画学科卒。数多くの自主映画を作り、受賞経験も多数あります。
 
スタッフ:第七詩社のメンバーたち。それぞれ自主映画を手がけ、国内外で評価を得ています。


 
   
 
 第七詩社の上映会 2016
 
無事に閉会しました。ありがとうございました。

 ◆日時

  2016年11月 25日(金)19:00
        26日(土)16:00 & 19:00
        27日(日)19:00
  ※開場は各回30分前です。

 ◆会場

  高円寺 カフェGrain
   JR高円寺駅 北口より徒歩2分
   (〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3-22-4 UKビル2階)
   http://grain-kouenji.jp/

 ◆上映作品(すべての回で以下4作品を上映します)

  『風下の歌、川上の虹』
   2016年/カラー/DV(一部8mmフィルム)/19分
   監督:伊東知剛
   出演:望月美里 齋木ひかる 森一生
 
  『誰も僕の絵を描けないだろう』
   2016年/カラー/8mmフィルム→DV/23分
   監督:仙元浩平
   出演:柳谷一成 川手淳平 稲松悠太
      松澤輝朝 神保明子 松森真由
      堤中潤一 福崎俊介 大沢光秀 幾田朋朗
      北嶋大志

  『革命から遠くはなれて』
   2015年/白黒/8mmフィルム→DV/60分
   監督:宮下浩平
   出演:山科圭太 尾藤亜衣
      中川ゆかり 柳谷一成 松森真由 松岡眞吾 矢島理佐

  『夭逝の系譜』
   2016年/カラー/8mmフィルム→DV/29分
   監督:仙元浩平
   出演:柳谷一成
      尾形美香 桜庭啓丞 豊村和子 奥居元雅 橘芽依

 ◆入場料
  無料+1ドリンク(500円)


 ◆上映会チラシ

 


 

 PDF版はこちら
 



 その他のイベント、ニュースなど

 

 
2018/07/01
 楫野裕監督『阿吽』がカナザワ映画祭に入選しました。

 
  HOMEへ  
   
  お問い合わせ:info@dai7.org